F. W. テイラー『科学的管理法』(1911)

雇用主と働き手の利害は最終的には一致して最高のマネジメントは雇用主に「限りない繁栄」をもたらし、働き手に「最大限の豊かさ」を届ける



Add a Comment